Google日本語入力
日記にはすでに書いたんだけれど、このまま埋もらせていくのももったいない、
「Google日本語入力」について。

Google Japan Blog - 思いどおりの日本語入力 - Google 日本語入力

これはもう、即インストールして、デフォルトのIMEに設定するのがいい。
軽快だし、MS-IMEとも遜色ない以上の機能、学習能力も賢い。
ATOKと違ってフリーだ。
そしてなにしろ楽しい。
ニヤリ+なのである。

最大の特徴は、変換候補(サジェスト機能というらしい)が出るところ。
ニヤリ+なのである。

たとえば、「えヴぁ」と入力すると、(以下抜粋)
・エヴァ
・エヴァンゲリオン
・エヴァン氏
さらには
・エヴァンゲリヲン
までw

「しゃくがん」と入力すればちゃんと、
・灼眼のシャナ
・灼眼のシャナS
・灼眼のシャナたん

「ヴぃる」と入力すれば、
・ヴィルヘルミナ
も、果ては、
・ヴィルヘルミナ・カルメル
だって。

「れっず」と入力すれば、
・劣頭サポ
だってちゃんと(ry


変換データベースはGoogleらしく、
IMEのコアとなる変換エンジンは、Googleがクロールで取得した膨大なWebのデータから構築した統計的言語モデルを活用して構成した。単語が登場する頻度の情報をデータベース化し、ランキング化することで変換精度を高めるというアプローチを取っている。辞書もクロールしたデータから機械的に生成することで、人力では難しい専門用語や新語などを網羅的に収録することが可能になっている。
反面、
ただ、「Webのありのまま」を反映した結果、語句の誤用例などがそのまま変換やサジェストに反映されてしまっている例が多いことも指摘されている。
ということも。

が、僕個人的にはそれが一番楽しいところ!

Webの状態を反映しているというからには、時々のアップデートが必要になるだろうと思います。
その度に学習したデータがどうなるのかとか気になるところはたくさんあるけど、
とりあえずこの楽しいIMEを使わないのはもったいない。

コンピュータ世界では日本語の扱いが非常に厄介である。
そのために日本で知られていないソフトウェアなどたくさんある。

だけど「Google日本語入力」は逆!
日本語の魅力が今までとは違う角度から感じることができる。
この楽しさを欧米人は味わえない。
ざまあみろ。

(参考)ITmedia News - 「Google日本語入力」開発者が語る、その狙い
[PR]
by redchant | 2009-12-09 19:23 | Computer
<< 2009年12月09日のつぶやき 2009年12月08日のつぶやき >>