M3 2011 春
昨日、5月1日は予定通りM3へ行ってきました。
昨年も思いましたが、春と言いつつ暑い!
場所は昨年と同じく東京流通センターだったのですが、別のホールでした。

ひろーーーーい!

で、でもまあ前までは2フロアだったから同じくらいの規模なのかな?
とにかく圧倒されました。そしてすこし迷いましたw

c0050550_2114292.jpg

前回の買い過ぎの反省を踏まえ、今回は11枚です。
右下の丸いのは、ライブでも頂いたbinariaさんのキャンディーです。おいしかったです。

さて、まず第一にM3の目的としてのbinariaさん。
今回の新譜も前回の花紺青(スマルト)と同じ系統ですね。
花紺青(スマルト)の時にも書きましたが、Annabelさんとnagiさんの歌が同時進行していくところ、すごいです。
binaria節とでもいいましょうか。
binariaはずっと聴いていくんだろうなあと改めて思いました。

僕が買いに行ったときはnagiさんがいらっしゃいました。相変わらず可愛らしい。
それから帰りがけに通ったときにAnnabelさんをお見かけしました。相変わらずお美しい。
(永尾さんは?)
xaiさんのジャケ絵も素晴らしいです。

Annabel名義の新譜はmyuさんとのタッグで随分と攻撃的です。
こちらもとても良いです。
そしてなにより良いのがジャケですね。
Annabelさん!

Corleonis、「氷下の国」がこれまた良いのです。
nagiさんのトータルとしての才能はかり知れなしです。


前回のM3で買って聴いてすごく感動したbassyさんの「音楽ピューパとやさしい世界」。
第1作目であれだけのものを出して、まだこんなに出るの!?とビックリです。
Annabelさん繋がりで聴くことになったのですが、本当によかったです。


それから、まだ聴いてないのが、今の段階ではまだあります。
追って書ければと思います。
なんか今回はハズレなしの予感です。


(まあ、とにかくAnnabelさんとbinariaが大好きなのです!!!)


M3バンザイ!
[PR]
by redchant | 2011-05-02 21:30 | 日記
<< 嫁の長門有希さんです。 「フェイスブック 若き天才の野望」 >>