2013年05月03日の日記、XAMPP覚書
[10:56]

前回は、アップロードファイルを置くディレクトリの権限がわからなかったのですね。
それは置いといて、今回はファイルアクセスの演習でした。同じ問題が発生したと予測しました。
それなのであらためて調べました。

環境は、Mac OS X で XAMPPです。

下記サイト様、参考記事にさせて頂きました。

PHP講座
第9回 パーミッション設定の重要性 (その2)

自宅サーバー Fedora
Apache 実行ユーザーの設定


①まず、WebサーバであるところのApacheのユーザを見てみます。

httpd 自体はユーザ root になってましたが、
実行時のユーザは、どうやら httpd.conf にて設定できるようです。
(/Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/httpd.conf)

中に、「User nobody」という行と、「Group nodody」という行があります。
そこを自分用に変更しました。
User i-masawa
Group wheel

②次にアクセスするファイルの権限を見てみます。
今回アクセスするファイルは、「/Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/settype.php」です。
以下のコマンドで確認します。

$ ls -al settype.php
-rw-r--r--@ 1 i-masawa admin 541 4 13 15:32 settype.php

始めの2文字から9文字分が権限を表現しています。 -> 「rw-r--r--」
3文字ずつ区切りますと、
・所有者ユーザ(i-masawa)の権限
・グループ(admin)の権限
・その他ユーザの権限
となってます。

各文字の意味は、
・「r」 : 読込(Read)
・「w」 : 書込(Write)
・「x」 : 実行(eXecute) ←今回は出現してませんが。
です。

③以上で解決です。
・ファイルアクセスするプログラムは「httpd」で、ユーザは「i-masawa」
・アクセスされるファイルは「settype.php」で、ユーザは「i-masawa」に合致し、読込権限あり
とのことでOKになったですね。

いやー、マジ UNIX系OS に慣れないと。
今でも非効率を感じてますし。。。
[PR]
by redchant | 2013-05-03 11:35 | 日記
<< 2013年05月09日の日記、... 2013年04月28日の日記、権限 >>