2013年06月15日の日記、「初めてのPerl」、え?なにか?w
[22:06]

どうもです。
ジメジメと暑い!

そんな暑い部屋で午後からずっとほとんどプログラミングしてますw
休みの日にどんだけーって感じです、我ながらw

で、現在タイトルどおり「初めてのPerl」で勉強しています。
昨日までは「すぐわかるオブジェクト指向Perl」で勉強してたんですけどね。。。
「すぐわかる・・・」で勉強してて、知らないことが出てくると不安感に襲われるんですよ。
なんかやっぱちゃんと勉強したいな、ということで「初めてのPerl」。

自分のことをこう言っちゃうの嫌なんですが、「不器用だな」と思います。
この業界は"ドンドン突き進む"のが現在のスタンダードなスタイルになってます。
そうしないと進化の激しい業界・技術についていけない、
言ってしまえば食っていけないんです。

でも僕はそういうのがイヤで。
仕事でも知らなくてもいいことまで首を突っ込んでしまう、よって仕事が増える、と非効率なことをしてます。
仕組みがわからないとやっぱ不安感がでてくるです。

だけども、Perlはプライベートなので、とことんやってみようと思いました。
そんな感じでこんな状態です。

c0050550_22273688.jpg

積んだ感じは壮観です。
オライリーの動物本なので表紙を見せたかったですが、Perl関連の書籍は積んだ厚さを見て欲しかったです。
(でもわからないですね。。。写真は難しい。。。)
ということで、タイトルなどを表示し、総ページ数を表示するプログラムを作ってみました。
ちなみに上から順番に読む感じです。
ちなみに僕は表紙をとって読む派です。


#! /usr/bin/perl

use strict;
use warnings;

my $books = [
{
name => '初めてのPerl 第6版',
nickname => 'リャマ本',
page => 488,
},
{
name => '続・初めてのPerl 改訂版',
nickname => 'アルパカ本',
page => 328,
},
{
name => '詳説 正規表現 第3版',
nickname => 'フクロウ本',
page => 528,
},
{
name => 'プログラミングPerl 第3版 VOLUME 1〉',
nickname => 'ラクダ本',
page => 756,
},
{
name => 'プログラミングPerl 第3版 VOLUME 2〉',
nickname => 'ラクダ本',
page => 680,
},
];

print "# My Perl Texts ###################################\n";

my $index = 0;
my $sum_of_pages = 0;

for my $book (@$books) {

$index++;

print "Book No.$index\n";
print " Name:${$book}{'name'}\n";
print " Nickname:${$book}{'nickname'}\n";
print " Page:${$book}{'page'}\n";

$sum_of_pages += ${$book}{'page'};

}

print "\nSum Of Pages=$sum_of_pages\n";

print "####################################################\n";



出力結果です!

# My Perl Texts ###################################
Book No.1
Name:初めてのPerl 第6版
Nickname:リャマ本
Page:488
Book No.2
Name:続・初めてのPerl 改訂版
Nickname:アルパカ本
Page:328
Book No.3
Name:詳説 正規表現 第3版
Nickname:フクロウ本
Page:528
Book No.4
Name:プログラミングPerl 第3版 VOLUME 1〉
Nickname:ラクダ本
Page:756
Book No.5
Name:プログラミングPerl 第3版 VOLUME 2〉
Nickname:ラクダ本
Page:680

Sum Of Pages=2780
####################################################

[PR]
by redchant | 2013-06-15 22:28 | 日記
<< あれもこれも反対です!!! 2013年06月14日の日記、... >>