2013年07月20日の思ひ出、GRANRODEO LIVE Y・W・F
2013.07.20 GRANRODEO LIVE 2013
Y・W・F /(^o^)\ ヤッホー ワンダホー FUJIYAMA!!

行ってきた!(・∀・)

c0050550_21103158.jpg

横アリ G8 2DAYS 道中記を書くと言って書かなくて自分バカ!
なので一生懸命書きます。

ライブのご報告の前に、GRANRODEOについて語っておこうじゃないか。
今日は長くなりますw
GRANRODEOは、2005年に結成されたロック「ユニット」です。
バンドではないです。ここ重要!あとで書きます。
メンバーは、KISHOWこと谷山紀章さんがヴォーカルです。
それから、e-ZUKAさんこと飯塚昌明さんがギターです。
KISHOWは、元々アニメ声優さんで、e-ZUKAさんはアニメなどの楽曲を制作していたとのことです。
とあるキャラソンで組んで、その後アニメ「IGPX」の主題歌で「GRANRODEO」としてデビューです。

さてe-ZUKAさんから。
この人、超絶ギターを弾きます。しかも笑顔でw
背中に背負って速弾きしたり、歯で弾いたりwww
僕はギターも音楽も疎いのでなんとも言えないのですが控え目に言うと「こんなにギターが上手い人は他にいない」と思いますw
でも、間違いなくいえることは「ギター小僧」であること。
ちなみに現在46歳だそうです。
きっかけはKISSだったとか。ほかにもたくさん好きなミュージシャンいるそうです。
作曲は全て手掛けているとのことで、なんでも現在90曲超だとか!
あとでもまた書くような気がしますが、GRANRODEOに駄曲はありません!
超レベル高い、1曲たりとも聴き逃せない曲ばかりです。
確かにKISSとかなんとかとかのパクリがありますw(そう言ってたしw
そんなレパートリーを持つ彼はやっぱ「ギター小僧」なんです。

それではKSIHOWさんについて。
今更ながら「さん」付けしました。年上なんです。
僕のひとつ上。
しかし!LIVEパフォーマンスでは会場の誰よりも激しく動きます!
そしてそして、なんと言っても歌唱力半端ないです。
僕はまあギターについてはよくわからないというのは間違いないと思うんですが、
ヴォーカルについてはちょっと語っても許されるんじゃないかと思います。
細かいテクニックはわからないんだけど、伝える力とか、激しくいくとことか、キーが高いとか低いとか、シャウトとか、バラードとか、巻き舌とか、ラップだとか、ビブラートとか、
僕が言いたいのは「世界一のヴォーカリスト」であること!
KISHOWさんはそんな風に言われたら嫌なんだろうなあと思うんですけど、僕はそう思うしそんな歌、歌声を聴いてるのは一種の僕の誇りです。自慢です。
世界一カッコイイです。愛しています。アイドルです。
ということで、今からは愛をこめて「きーやん」と呼ばさせて頂きますw
きーやん命♡

あんまり長引くと書き損ねるようですので、「重要!」と書いた「ユニット」について。
僕は、バンドでなくてユニットというこの「2人」だったから良かったのではないかと思ってます。
あと、いい具合に歳が離れているのも良かったのではないかと。
それから、年下のきーやんがヴォーカルでやんちゃやって、ちょっと後ろで年上の飯塚さんのギターってのも絶妙なバランスなのではないかと。
で、作詞も全てきーやんがしてて。(残念ながらGo For It!を除いてです)
作曲は全て飯塚さんがしてて。
僕らはCDとかステージ上の結果しか見てないからわからないところではあるんだけど、「確執」というのは、、、あるんですかね?
どうしても知り得ないことだけど、無さそうな気がしてます。
そこが「ユニット」であったいい点ではないかと思います。

でもでもでもでもー!
GRANRODEOはバンドでもあります!
GRANRODEOを知らない人は僕が何を言ってるのかわからなくなってるかもしれません。
GRANRODEOを知ってる人は「ユニットユニット」うるせーなとか思い始めてると思います。
GRANRODEOはライブになるとバンドになります。
いわゆるサポートメンバーですが、サポートメンバーではありません。GRANRODEOというバンドのサポートメンバーです。意味不?
GRANRODEOのサポートメンバーは固定です。
セクシーな滝田さんがベースとして、面白いVALさんがドラムスしてます。
超実力者です。
きーやんは、ともかく飯塚さん、滝田さん、VALさんはもうキャリアが長いです。
でも、きーやんは世界一のヴォーカリストですからw
そんなGRANRODEOのライブが凄くないわけありません。

さあなんかいい感じにまとまってきてライブ報告ができそうになってきたけど、もう少しだけ僕とGRANRODEOの関係を。
初顔合わせは、2010年のANIMAX MUSIXでした。ガン無視でしたw
その次は予想は付くと思いますが、2011年のANIMAX MUSIXでした。ガン無視でしたw
2012年のANIMAX MUSIX、なんだろう、GRANRODEOのパートの前にコラボ曲でなんか雰囲気に飲まれて、
GRANRODEOのパートになって、「CRACK STAR FLASH」でカッケー!ってなって「IGPX」でひとつになりましたw
というわけで、ここまで偉そうに書いてきたけど、ファン歴浅いです。

でも、もうロデオ組だし、今年になってからは本当にGRANRODEOを聴いてない日はない。
アルバムも全部買ったし。
ライブ映像は経済的理由によりまだ揃えてません。
でもいいでしょ?認めてください!

さてやっとライブのご報告。
うん正直、このエントリーは「僕とGRANRODEO」にしたほうが良さそうだが。
まず席がもんのすごく良くて、ステージド真ん前の9列目。
きーやんの息遣い聴こえたり、マイク入ってない時の怖い顔も見れましたw
三味線の音も良かった。あれはかっこ良かった。
ホーン・セクション「FireHorns」もかっこ良かった。
僕このあと「GRANRODEO」っぽいを連呼しますけど、ホーン・セクションが入るとすごくGRANRODEOっぽい気がします。
というか好きですね。

【セットリスト・感想・他】

1.Y・W・F
これはウケ狙い?だねw
ライブの名を受けた曲で盆踊り調の振り付けw
正直真面目に観たかった(爆
G8緑ビームがカッコ良かったなあと思ったw
衣装はかっこ良かったですね!

2.欲望∞
いいですね。GRANRODEOのこういう曲好きです。

3.ケンゼンな本能
ココだよね。マイク切れててきーやんのシャウトが入らなかった。
きーやん怖い顔した。

4.チキン・ヒーロー
「チキン・ヒーロー!」大合唱気持ち良かった。

5.CANNON★BALL
「CANNON★BALL」結構好きなんです。
でもまだイントロじゃわからない未熟者で周りが盛り上がってるのに・・・
(・∀・;)

6.ブランニューDAY
勉強不足です;すみません;

7.サマーGT09
来たねー!待ってましたよ!
凄く楽しかった!
「にゃんにゃんしたい!」萌えました!
水は9列目でも届きませんでしたw

8.恋のHEAT WAVE
勉強不足です;

9.Urban Sweet
個人的に、GRANRODEOっぽい曲だと思ってます。

10.愛すべきSTUPID
もーかっこいいよね、この曲は。
きーやんもすげー力入れて歌ってた。
この曲ぐらいからきーやんの顔が風呂あがりっぽくなってきた。
大丈夫かなあと思ってましたw

11.RIMFIRE
黒子のバスケ系の曲は盛り上がりますね。
見てないんですが。

12.SEA OF STARS(アコースティックver)
正直ですけどオリジナルバージョン聴きたかった。
満点の星空の下(ではなかったですが)で聴きたかった。

13.偏愛の輪舞曲
こっから有無を言わさないようなダークサイドに入りました。

14.メズマライズ
歌上手いよねー。

15.アウトサイダー
キタキタキタキターーーー!
GRANRODEOの曲ほとんど好きですけど10曲挙げろと言われたら間違いなくいれます。
(精査してないので10曲という大枠で許してください)

16.modern strange cowboy
キタキタキタキターーーー!
半狂乱。
GRANRODEOの曲ほとんど好きですけど1曲挙げろと言われたらこの曲です。
当たり前なんですかね?大好きです!
僕はG8横アリ1日目で「アウトサイダー」→「modern strange cowboy」で昇天しましたが再現ですw

17.Go For It!
お約束の「IGPX」!
盛り上がったねー。

~アンコール~

18.NOT for SALE
この曲もGRっぽい!
タオル振るのが気持ちいい!

19.Can Do
「Can Do」も最高!
きーやんは曲紹介も最高にうまい、盛り上げ上手、「I Can Fly! I Can Fly!」

~Wアンコール~

20.Beautiful world
むむー感動のフィナーレ。
終わってしまったか。


疲れました。
他にあの曲もこの曲も聴きたかったってのもありますが、大満足のライブでした。
(いま一番気に入ってるシャニムニは特に聴きたかった(> <))

c0050550_21132646.jpgライブ時の戦闘服


GRANRODEO最高楽しい。
GRANRODEO取り巻いてる全てが楽しい。
みなさん楽しいです。

次の参戦予定は、ANIMAX MUSIXです。
その後、G9 さいたまスーパーアリーナですね。
できれば大阪城ホールにも行きたいです。

Facebook
[PR]
by redchant | 2013-07-23 21:16 | 日記
<< 2013年07月24日の日記、... 2013年07月19日の日記、... >>