2013年08月23日に記述した日記、いろいろ。
2013年08月23日に記述した日記をアップします。
なぜ、今頃って?聞かないで。。。

お疲れ様です。
がっつり残業してきました。
Facebookみなさん書き込み杉
タイムライン読む尽くすのが大変でしたw

そんな忙しい今日に限ってなのか気になるニュースがたくさんありました。
帰宅したら嫌いな報道ステーション(古舘がキライ。今日は休みだった♪)がやっていたので、見ながらごはん食べました。


小澤征爾さん 指揮者として本格復帰 両陛下も鑑賞
大復活といって(・∀・)イイ!!
指揮者って何してるのかわからないんだけどw、小沢征爾さんの指揮姿好き。
テレビで見たのは久しぶりだったんだけど、なんかアインシュタインに似てると思うんだけどw?どお?

話はまったく(少し)変わるんだけど、僕は現在の天皇、皇后両陛下大好きです。


田中が開幕18連勝&自身22連勝!楽天、連敗ストップ
マーくん凄すぎワロタ(・∀・)
僕は、今季8連勝したくらいだったかな、今季は沢村賞間違いないなとは思っていたんだけど、ここまでとは。。。
でも、必ずしも完投ではないんですよね。
継投でも勝つ。ゲームの流れを作っちゃってるんですよね。
そんな継投を指揮する星野監督もスゴイなと思います。(でも大嫌いです!)

さて、そんな僕もまーくんですw


日米通算4000本安打達成のイチローが会見(全文掲載)/一問一答
c0050550_7465727.jpg

やりました!
O・M・E・D・E・T・O・U!!! おめでとう!!!
(ライムスター宇多丸 ウィークエンドシャッフル風w)
すごい!
そしてこの一問一答がさらにすごい!
少々長いけど、とてもおもしろいので是非読むこと!

「メジャーに移籍したばかりのイチローがランディ・ジョンソンに約束したエピソード」に絶賛のコメント…海外の反応

ヤンキース移籍に関してのファンの言葉としては、↓が秀逸ですね。すごい表現力。
●彼がヤンキースに移籍してしまったとき、友人が「オレの初めての車を最悪の敵に売った気分だよ」と嘆いていた。

さて、「メジャーに移籍したばかりのイチローがランディ・ジョンソンに約束したエピソード」を踏まえて、2001年メジャーのオールスターを観てみると感動する。

内野安打ではあるけど。
一塁手はスーパーキャッチだと思うし、トスまでもすごく速くて普通ならアウトかなと思う。
でも、カバーに入ったランディ・ジョンソンがイチローの速さに及ばない。
弾丸ストレートと弾丸ヒッティングと弾丸トスというシーンで最高のプレーだと思う。
しかも、左投げの弾丸ランディ・ジョンソンから盗塁するとか笑笑笑笑笑

僕は、イチローのプレーを生で一回だけ見たことがあります。
西武ドームでした。日本での最後のシーズンだったはず。
ライオンズは負けましたが、イチローのヒットとあのレーザービームを見てしまったので不思議と悔しさが湧かなかった記憶があります。

最後に、G・A・N・B・A・R・E イチロー!!!
(ライムスター宇多丸 ウィークエンドシャッフル風w)


【ヤクルト】バレンティン3戦連発47号

あと9本でホームラン新記録。
残り36試合かな?
ぜひ破って欲しい!
バレンティンが好きなわけではない。
かつてライオンズでカブレラが55本を打った後のあきらかなアレ!
特に王のダイエーが酷かった記憶。
真偽は確認できなかったですが拾ってきたデータです。残り7試合のカブレラの記録です↓↓↓

1 四球 四球 三ゴ 四球
2 四球 四球 四球 四球
3 四球 四球 四球 四球
4 四球 四球 右飛 死球
5 骨折で出場なし
6 骨折で出場なし
7 骨折で出場なし

ひどいでしょ!?
5、6、7の試合は死球による骨折だし。(ただしダイエーではないらいい)
こんなことがまかり通ってはならないので、バレンティンには記録をあっさり超えてほしい。
と、願う。


■空
c0050550_7453017.jpg

これ、そらの写真、、、じゃなくて絵です!え!?
なんでも、映画などで背景を描く画家さんで島倉二千六さんという人が描いたのです。
これも、報道ステーションのトピックです。
今日は(古舘もいないし)たまたま報道ステーション見て良かったあと思いましたw
描くところを映像流れましたが、スゴかったです。
始め、何を書き出したんだかわかんない。それもそのはず、いくら見てても何もわかんないw
島倉さんいわく「雲は遠くから見ればカタチに見えるけど、本来カタチのないものですから」だったかな?
なるほど!
そしてとうとう空が完成しました。凄い!
どんなふうに描いていったかを説明してみると、Photoshopでレイヤーを何万枚も重ねていくような描き方でした。
一度生で絵を見てみたい。
今日の映像YouTubeなんかにアップされたら見ると良いです。

島倉二千六 - Wikipedia
しまくら ちふむ さんと読むそうです。
「二千六」=「ちふむ」って。。。
僕も、「征和」 ⇛ 「まさわ」なので負けてないですが、
「二千六」(にせんろく)ってなんだろう?どこからきたのだろう?
ちなみに、
「まさわ」は、「柾和」としたかったらしいです。
父が建設業界にいたので木を見る機会が多かったのでしょう、木の「柾目」の「柾」を使いたかったらしいのです。
柾目
読み方:マサメ(masame)
意味:縦にまっすぐに通った木目のあるもの
c0050550_7474634.gif

まっすぐに育って欲しかったのでしょう(´・ω・`)

「和」は、何かなあ?
「平和」とか「和やか」からかな?わかりません。

で、当時(昭和51年)は、「柾」は人名に使えなかったらしいです。
ということで「征」が採用され、「和」はつけて、「征和」、で、「まさかず」じゃ普通かろうということで、「まさわ」になりましたとさ。

と、母に確認したことがあるのですが、「さあ」という返答が!?
確かに聞いたことあるんだけどなあ。。。


【高校野球】前橋育英、初出場で初優勝…延岡学園を下す
すごかったですねえ。おめでとうございます。
とはいえ、悔しい限りです。。。
埼玉っ子の僕としては、今年は浦和学院が春夏優勝を願うというか、確信というものがあったのですよ!!!
だって、春優勝って、5試合で、小島投手を中心にたったの3失点、打撃は47特点ですよ!?
んでもって、夏の予選準決勝では、小島投手が完全試合!
否が応でも期待が高まっちゃうというか、確信でしょ!
とまあ、夏の結果は1回戦で小島投手がまさかの乱調で、10-11のサヨナラ負け。。。
でも打線は10点取ったわけだし。
小島投手は2年生。
次だ次!!!

翌日のラジオNACK5の大野勢太郎さんの番組で知ったのですが、
浦和学院の小島投手と前橋育英の高橋投手(2年生)は友人通してのメル友らしくてw、小島くんは高橋くんに「僕達の分も頑張ってくれ。優勝してきてくれ。」というような内容のメールをしたらしいです。
フラグ立ちました!
来年の夏は、決勝、浦和学院 vs 前橋育英のシビれる投手戦を見る!
そしたら、(初)甲子園に行く(かも)!!!


「データ放送の進化版」じゃない--NHK Hybridcastが秘める可能性

NHKハイブリッドキャスト、要はテレビでインターネットできるということ。
さらに要は、テレビ局の独自のコンテンツで情報を相互交換できるということですね。
さらに要は、現テレビ局が、新しいテレビ局になるってことです。
「NHK」だったらなんだろう、「NHK.NET」とか「1ちゃんねる」とか、本当に要はテレビ局の真価が問われるということです。
どんな、アイデアに基づいてどんな新しいコンテンツ(番組)を提供できるか、と。

ホリエモンさんがやりたかったことは図りかねますが、日本のテレビ業界の進化のチャンスを逃したのは間違いないです。
当時2005年なので8年の歳月は、経済効果にとっても、日本文化にも、もったいない期間だったのは否めません。
日本人のあらゆる側面(意識/希望/絶望/喜/怒/哀/楽/生/死/教育/社会 etc.)への影響は決してマイナスではなかったはず。
誰かさんの責任は重いです。(誰だろう???)


夏の魔物
c0050550_7485089.gifc0050550_7501143.gif

今年も「夏の魔物」が開催されるのですね。
ホーボーズの三木さんのシェアで知りました。
サイトはエヴェンゲリオン・インスパイアードですねw
ま、現在僕はGRANRODEO中心なので行かないですけどw
ですけど、楽しそう。
気になる出演者は、
・中川翔子(しょこたん、あったりまえでしょー♡)
・ZAZEN BOYS(まだやってたんですね・・・)
・電撃ネットワーク(なんか見たいw)
・フルカワミキ(いちおう青春の一部のSUPERCAR。SUPERCAR自体は今はキライ)
・桃井はるこ(ももーい♪)
・大根仁監督(モテキのPですね。TBSラジオ「Dig」でよくお話を聞きました)
・吉田豪×杉作J太郎(なんだろ?対談かな?2人とも興味があります)
・うしじまいい肉(大好きなコスプレイヤーさんです♡)


■2013年08月23日の読売新聞の編集手帳。
「ここ海近いのかい」
「歩いて十四、五分かな」
「割に遠いんだね、こっちかい海」
「イヤこっちだ」
「ふゥんーーー八幡様はこっちだね」
「イヤこっちだ」
「東京はどっちだい」
「東京はこっちだよ」
◆不思議な会話は、さらにつづく。
「すると東はこっちだね」
「いやァ、東はこっちだよ」
「ふゥん、昔からかい」
「ああ、どうだよ」。
・・・
小津安二郎と野田高梧の共同執筆である。
◆陽だまりのような時間がゆっくり流れている。この場面に限らない。意味のない会話のようでいて、幸福とはじつはこういう時間のなかに隠れているのだと、あとで気づくときがある
・・・
◆ふたりの脚本はいつも、一升瓶で100本の酒を飲み尽くす頃に仕上がったという。どうりで冒頭の会話も、いい匂いがする。

[PR]
by redchant | 2013-08-31 07:49 | 日記
<< 2013年09月3日の日記、W... 2013年08月25日の思ひ出... >>