2013年09月04日の日記、妄想タウン
昼間にFacebookでブツブツ言ってたんですが、楽しいのであらためて書いてみる。

このあいだ渋谷に行ってきた(ライブ鑑賞)。
思ったのは渋谷はITベンチャー系の働くところじゃない。ゴミゴミしてて。
見渡してもインターネットの欠片も感じられない。
日本のシリコンバレー、ビットバレーとか言うけどどこに潜んでいるのかなー?

と言うことでググってみたところ、
ビットバレー

びっとばれー 【ビットバレー】 bit valley

東京・渋谷のインターネット関連のベンチャー企業が集中する周辺地域を指す呼称。渋谷の地名から、(渋い:Bitter)と(谷:Valley)をかけて「Bit Valley」と命名されたもの。1999年2月に渋谷周辺のベンチャー企業の経営者らが発表した有能な起業家を輩出しようとする活動「ビットバレー構想」がきっかけとなり、渋谷がその拠点となっていた。現在は、大きな集積地域でなかった御茶ノ水駅、九段下駅周辺に新たな集積が生まれつつある。

ああそうなのか、ビットバレーってもう使われてないんですねえ。
でもそこまで言われると、そこまで落ちてないんじゃね、とも思うけどまあ良いです。

そもそもシリコンバレーって?

シリコンバレー - Wikipedia

地図を拾ってきたので貼ってみる。

c0050550_22223093.jpg
広い!でかい!
なぜだか(理由があるのか)半導体メーカが集まっていたところに、
IT系企業、ベンチャーが集まった感じですか。
日系企業がやたらと多いのが気になる。ちょっと気分も引く。。。
でも、一度は観光に行ってみたいw


でまあ、僕が考えるビットバレーに代わる街はこういうんじゃないです。
アキバでもないし、六本木でもない。
さいたま新都心あたりとか? (もうスペース無いかな?)

いっそ、未開発な土地に集まったら面白いんじゃないかと思う。
その街は、
どこでもワイヤレスでネットつながったり、電源あったり、
フリーな会議スペースがたくさんあったり、
健全な食生活を与えてくれるカフェにダイニング、話が弾むパブがあって、
同じビルに協力会社がいたり、競合会社がいたり、ピンチには助け合ったり、、、
いや、もっとちいさいイメージ、2階建て元住居をオフィスにして、
2軒となりに別の会社が、
向かいの3階建てアパートの一室には学生がたむろってたり、
簡素でいいから自分のアパートもあればいいなー。
そーそー、時にはこもって作業したい時もあるよね。

うんうん、やっぱもうちょっと都会から離れたほうがいいかもしれない。
作業に集中できるようにね。
だから、本来の居住地はわりと都会になるのかもしれないw

だからといって一般の人を寄せ付けないとかじゃなくて。
一般の人が来たら楽しめるITサービスがあって。
その幾らかでの収益とベンチャー企業の収益で街が成り立つような。

街じゃなくていい。
通りでいい。
雰囲気的には東京・福生の16号線沿いみたいな。
なんか重いサイトです。。。
WE LOVE FUSSA

思いっきりアメリカナイズで、シリコンバレーに被せてるだろって思われそう、、、
イメージです!
それに最近の福生のオサレな感じが僕は好きでないですし、、、
イメージ!

そうなんです、正直好きではないんですよ、気取った感じが!
素で生きたい。
スで生きたい。

そういやついでに思い出したのですが、こんなエントリーがRSSフィードに引っかかったでした。

徳島の過疎地にIT企業のオフィスが集結してるらしい

でも、次の書き込みがFAだと思います、実際。

「IT系だと設備は工場よりずっと少なくて済むが、
何よりも日本のIT企業は「多重請負構造」だから、コミュニケーションにかかる
コストを末端側が引き受けるしかなく、結果として首都圏近郊以外の勤務地は
あり得ないんだよな。 」


ちょっと四国の山の中はツライと思うけど、
しかしなにかやり方工夫すれば、そういう村だか、街だか、タウンだかできると思う。


そういう意味では実践しているのですねえ、Perlコミュニティは。
(まだ1回しか勉強会に参加してないですけど(^_^;)。。。
(それくらい影響受けましたです。)
[PR]
by redchant | 2013-09-04 23:39 | 日記
<< 2013年09月05日の日記? 2013年09月3日の日記、W... >>