カテゴリ:Football2010( 8 )
「ずっとレッズでプレーしたかった」マゾーラ
「ずっとレッズでプレーしたかった」マゾーラ

なんだかとてもいいヤツそうだ!
ワシントンの調教済みだから期待していいと思います。

デニウソンとかクリロナのプレーが好きみたいで、
宇賀神と2人で左サイドで暴れまくって欲しいです。
[PR]
by redchant | 2011-02-01 22:14 | Football2010
ゼリコ
新監督にゼリコ・ペトロヴィッチ氏

ロビーが去り、ゼリコが帰ってくる。

正直、監督としての実績はどうなのか、と思う。
クラブはギド的な何かを求めいるんじゃないか、と思う。
カリスマは確かに大事だけど、と思う。

手腕のほどはわからない。
でも、ゼリコが帰ってくるのはうれしいな。
レッズで監督として成功してくれることを祈ってる。

(僕が言うのもなんなのだけれど、)サポーターもゼリコとともに成功してほしい。
[PR]
by redchant | 2010-12-08 01:22 | Football2010
韓国 vs 日本
韓国 0-0 日本

近年稀に見るナイスゲームでした。
スコアレスドローでこれだけのゲームを見せられるのか。
2010年W杯、岡田ジャパンの16強進出はフロックだったと思ってる僕は、
日本も強くなったものだなあと感慨深いです。

惜しむらくはどちらかがゴールを奪い(日本がとればそれにこしたことはないが)、
ゲームが動くところを見たかった。

でも、まあ、負けなくてよかった。
韓国戦はそういうゲームです。

良かった選手は、本田、今野、長谷部、かな。
長谷部は本当にたくましくなりました。

ザックさんの色はまだ見えてないかな。
[PR]
by redchant | 2010-10-12 22:30 | Football2010
日本 vs グアテマラ?
たまには、サッカーについても書きたい。

でも書けない。。。orz

最近サッカーには気分がまるで乗らないです。

ブログタイトルが皮肉で痛いです。。。
[PR]
by redchant | 2010-09-07 23:49 | Football2010
僕は浦和レッズが好きなのか?
僕は浦和レッズが好きでした。
スタジアム、サポーターも含めて好きでした。
(選手たちには誇りを持っています)
でも最近はなんともいえません。
恥ずかしい思いばかりしているような。
はっきり「好きだ」と言えません。
「それでも浦和レッズが好きだ」となんてとても言えません。

なんの気なしにつけたブログ名、「LIFE IS FOOTBALL!!!」。
フットボールは捨てられません。

ワールドカップ中は考えられませんが、終わったら今後のLIFEを見つめなおします。
[PR]
by redchant | 2010-06-11 21:22 | Football2010
日本 vs コートジボワール
闘莉王が2つやらかした。
ひとつはオウンゴール。結果的に決勝点。
もうひとつは相手のエース、ドログバを負傷退場にしたこと。
これらによって、仮想カメルーンは成り立たなくなった。

だけど、日本のこのゲームの問題はそれではなかったようだ。

身体能力で負け、
パスワークで負け、
テクニックで負け、
ゲームに負けた。

日本に光明があるとすればカメルーンを油断させることができるかもということくらいかもしれないw
それくらいなにも得られなかったゲームだった。
いや、なにも得られなかったということを得られたのかな??
岡田もなんの策も投じられなかった。


それにしても、ゲームとは別に、アフリカの選手はうまくなったものだと感じた。
特にトラップ技術は日本の選手よりはるかにうまかった。(大久保には閉口ものでした。)
小野伸二らのプラチナ世代の頃とは比較にならない。
[PR]
by redchant | 2010-06-04 23:08 | Football2010
ナビ杯 レッズ vs モンテディオ
[19:57]

ついに地デジ化をした我が家でナビ杯テレビ観戦。
芝の波が美しすぎますな。

c0050550_21191666.jpg

前半は、攻めきれず、守りきれず、0-1。
良いところはあるのだけれど、「ある」どまりで結果にでない。
もっと強引さをだしてよいのではないかと。

平川の消極性と精度の低さには閉口。
宇賀神最高。
そしてキング・ロビー様様です。

後半は、サイドから抉って抉ってゴールを奪って欲しい。
平川に頑張ってもらわないと。

もちろん逆転勝ちだ。


[21:03]

あ~あ。
逆転勝ちどころか、何も出来なかったよ、後半。
2失点より無得点の方がショックです。
自慢ですがレッズは攻撃的な選手が揃っていると思います。
なぜでしょう?
それがわかれば監督も苦労しませんが。

が。
僕はいつも思い出します、彼のあの言葉を。

「勝者のメンタリティ」

ギドの言葉です。
それはゴールを呼び込みます。
例えば原口が宇宙開発してしまったああいうシーンですが。
ああいうシーンを呼びこむメンタリティ≒粘りが必要なのだと思います。

頑張ろう。

c0050550_2121220.gif

[PR]
by redchant | 2010-05-26 20:02 | Football2010
アントラーズ vs レッズ

[22:06]

今日は待ちに待ったJリーグ開幕戦でした。
冷たい雨が降る中、僕は風邪。
1週間くらい前はチケット出てたようですし、買ってなかったですが、行く予定はありました。
でも、体調を考えると行かなくてよかったです。

アントラーズ 2 ― 0 レッズ

ゲームの内容はというと、

鹿島は昨シーズンと変わらず、攻守の切り替えが速さが特筆に値する場面が幾度となくあり、
結果として、それが結果に表れました。
レッズは鹿島のカウンターを必要以上に怖く感じているようでした。
そのため攻めきれず、打開出来ず。
目に見えぬプレッシャー、
そこが鹿島の凄いところであり、(生理的に)嫌いなタイプのチームだと感じました。

一方レッズは、多少の進歩が見られたと思います。
昨シーズンあまり出来なかったフリーランニングがいくつか見られました。
それが疲労の出た鹿島相手だったとしても良い兆候のように思いました。

しかし、また、それは柏木や宇賀神といった新加入の選手によってもたらされたようにも見えました。
そうだとしたら、進歩はしてないのですが。

それから、レッズは一番に始動したのにも関わらず、
選手のコンディションが万全でなかったのが残念です。
これに関しては、少しチームの上層の管理ができてなかったのでは?と思わざるを得ません。

なんにせよ、今年も、楽しい、厳しいシーズンが始まりました。
[PR]
by redchant | 2010-03-06 22:25 | Football2010