カテゴリ:Futsal( 23 )
【Futsal】思うこと

復帰してから、F-ONEリーグ2日間、練習試合1日間に参加しました。
思うところがあり書いてます。

正直F-ONEリーグについてはまるで楽しく無かったです。
(特に昨日は致命的ミスも多く自分的にも落ちてます。)
14日については、点をとれたのはキーパーからのロングパスと個人技によるものだけ。
後ろのほうにいる身としてはまるで絡めず辛かったです。

で、思うところなんですが、F-ONEリーグなどの試合でああいうゲームをするのなら、
練習試合でもああいうプレイをすべきなのでは?
個人的には、練習試合に参加した日はフットサルっぽいいいチームになってるなあと感じました。
だったら、F-ONEリーグでもそうやろうよ、と思うのですがいかがですか?
[PR]
by redchant | 2007-10-16 03:46 | Futsal
【Futsal】11/3 入間市フットサル大会


11/3に黒須グラウンドにて行われた、入間市サッカー協会フットサル部会主催の大会で
我らがチーム、ラドニエシは優勝しました。
参加24チームということで中々のもんじゃないかと思います。

天候は晴れのちくもり。
近くの自衛隊基地で毎年行われている航空ショーもあり、たまに戦闘機(と呼んでもいいのかな >9条)、
ブルーインパルスが頭先をかすめていく中で行われましたw
へんな虫(蚊?)に喰われたのが今とてもかゆい(´〜`)
メンバーは、予選からは、K兄、モリタさん、オオノさん、オサカベさん、ナリ、ワカバヤシくん、タカハシ、モリシタ。
決勝トーナメントからは更に、代表、トガミくん、代表の同僚さん、ということで大所帯になりました。

予選グループは全4チームのリーグ戦。
このグループのコートはマンションの日陰にある為、芝が土の上をすべってしまい、
ほとんど思い通りにプレーできませんでした。
ラドニエシはいつものように立ち上がりが悪かったのですが(まるでJの赤いチームのようにw)
徐々に集中力を高め、いつものような圧倒的ディフェンス力から始まるオフェンスで、
ゴールを量産し、見事予選グループを1位突破。
他チームは足元の悪条件により力を出し切れてなかったと思います。
そんな中ラドニエシは豊富な経験により培われた(らしい)ディフェンス能力をベースに
速攻でモノにしていくことができました。

決勝トーナメントは3試合。
ようやく足元のたしかなコートでプレーでき、ディフェンスは更には冴えます。
途中、ヒヤリとする場面があり、試合中にも関わらずアルパイを思い出してしまいましたw
(ウチも言えたところではないのですが、)サッカー>フットサルなチームはマナーの良くないチームが多いように思えます。
それとJリーグと同じ事が言えるのが、レフリーの判定規準が定まらないとゲームが荒れます。
閉会式でも言われていたとおり、レフリーの質も上げていかなければならないですね。
決勝はラドニエシ・チーム代表の奇跡のゴールで盛り上がりに欠けました(笑、ナイスゴール


最後に、先日の川越フットサルリゾートで行われた、
B&Dオーバー30( _| ̄|○キテシマッタ )の大会と合わせてまとめたいと思います。

まず、やっぱり屋内でやりたいねw
特に入間市の大会の場合、市営の天然芝グラウンドということでフットサルには向きません。
数日に分けてでも体育館、もしくは人工芝コートでやるべきです。
ついでに、あえて大会のレベル格付けするならば、
B&Dの大会(あえてオーバー30とは呼ばずw)の方が"フットサル的に"高かったと思います。

次にロングボールについて。
これは川越の大会(あえてオーバー30とは呼ばずw)で思ったことだけど、
後方からゴール前キーパーとベッキの間にロングボールを放りこむチームが多かった。
実際、カウンターを喰わない、キーパーは飛び出せない、ゴールを奪えるかもしれない、
と試合の流れをみて使えば、かなり効果も高い。
これはパスの出し手と受け手の意志疎通を取らないとできないと思うから練習しないとね。
イメージとしてはバスケのアリウープみたいな感じだと思います。
パスの出し手が対角に出すと見せかけてゴール前に放りこむ、受け手は出し手の意図を感じて中に走り込む。
やろうね。

なんだかボールを見て周りが見えてないディフェンスをするときがあります。
ポジションが決まっているのは、相手のリスタートの時だけです。
あとは流れの中で自分の役割を考えよう。
ポジションにこだわる考えを捨てましょう。

最近特に思うことがディフェンスが良いということ。
先述のことはありますが、総じてみんながやることをやってるということだと思います。
正直なところ、サッカーに毛がはえた程度のチームにはやられる気がしません。
わたしが言うのはなんですが、立派なフットサルチームになったもんです。
この長所はどんどん伸ばしていきましょう。
得意があればそれでペースを作れます。これはチームのカラーです。

個人的な反省です。
最近、仕掛けてないなと。
まあ、その結果ミスも少ないと思ってるんだけど、やっぱりゴールに向かわなければゲームじゃないな。
屋外だし、ひ弱なので、足がついていかないというのもあるけど、それでも目的はゴールだもんね。

参加されたみなさん、お疲れさまでした。
自分には初タイトルなので非常にうれしいです。

P.S.
副賞はなんと、11/26 埼スタのレッズvsジュビロ戦のメインロアー席x4でした。
チーム内の争奪戦で分けることになりましたが、わたしは自由席のチケットを持っていたので辞退しました。
ウチのチームのメンバーは必ず行ってくれると思いますが、こういったチケットがあるのはうれしくないですね。
[PR]
by redchant | 2005-11-05 21:18 | Futsal
【Futsal】NO.1
c0050550_2022617.jpg

入間市のチャンピオンになりました
[PR]
by redchant | 2005-11-03 20:02 | Futsal
【Futsal】10/9 練習試合
18時〜21時半で入間体育館にてやってきた。
ちょっとひさしぶりだったせいか、
相手がうわてだったのか攻撃はイマイチうまくいかない。
守備はまあまあ。
まあ固定メンバーでいけば闘えるレベルの相手ではあると思う。

攻撃でうまくいかなかったのはうまく繋げられないことと、
そのためにロングボールを放りこんでしまうこと。
ロングボールはほとんどミスになる、
もしくはミスにつながるので、相手ボールになる確立が非常に高い。
相手ボールになったら速攻受けてシュート打たれるのが必至でしょう。
それに前をやる人間は消耗しちゃうよ。
もういい加減ミニサッカーは卒業したいところだ。
ナリアイさんがボツボツ言ってたがチームの方向性を確認したいかな。

カマちゃんはあいかわらずうまいね。
うまい人がいるとタメを作ってくれるのでパスもらう方の動きも自然よくなります。
でも定期的にこれないんだから、現メンバーでなんとかしないとね。
個人的には、相手をかわしてシュートが何度かできたのがよかった。
残念なことにシュートがイマイチだったが。。。

誰か見てくれるかな♪
[PR]
by redchant | 2005-10-10 01:11 | Futsal
【Futsal】8/28 練習&練習試合

はああ〜、クッタクタだあ。
デスクワークの上に2週間振りってのはすっかり運動不足に戻ってしまいますな。
ビールのせいでもでもありますな。ん〜、夏のせいだ。
足の付け根とふくらはぎの上部分のあたりにグッときてる。グッと。歩くのつらい(><;)

いまさらだけど、来る人来ない人の入力はちゃんとしないとだね。
あと受付をだれがやるのかも決めといてほしいです。
あと(ついでに)時間です。まあ今日のタカハシはかろうじて18時にいたから良しとしてあげよう。
(ちなみに集合時間は17時45分なので正式記録は遅刻だ)

といわけで、入間体育館にて18時〜21時半フットサルやってきた。
20時からプログレスさんが試合の相手になっていただけるそうなので、それまで練習をした。
キックインからのシュート、流れダマこぼれダマに対して詰めるフォーメーション。
伝える方も素人なので戦術理解・意図に乏しかったけど、内容的には有意義だったかと。
シュートは是非オサカベさんに打って欲しいとこだけど(いないし_| ̄|○
まあまたやろう(オサカベさんもです。ふかさないよう)

20時になってプログレスさんがいらして試合。
プログレスさんは全員よく動いてるけど後ろでまわし過ぎなんではないかと思った。
ウチは逆に動きない。動けないわけじゃなくどう動けば良いかわからない具合。
ウチについては3度位いい感じにまわせたのがあったかと思うけど、そのいい感じにいったの思い返して思った。
「ピヴォ当てしないとくずせねえ」
ピヴォっつってもピヴォの位置のこと。大抵、相手はヒシ形か四角形と思うがその中央ね。
プログレスさんの攻撃でもピヴォにいれられるとおもしろいように数的不利をやられる。
ウチの攻撃時は2ー2で大きく開くことが多くて、(計らずも)ピヴォの位置に人がいないですね。
まあ、遅刻が多くて練習嫌いでサッカーベースのフットサルチームなんで、それはそれでウチのカラーかなと思うのでいい。
問題はボールキープ以外の3人の内だれかがピヴォの位置に顔を出すことができるかということ。
残念ながらタカハシは前線に張りっぱなし。まあその行為も「ゴールを獲らなきゃ」という強い強い責任感の現れと思ってみる(責任感の強い奴は遅刻はしないはず、と瞬時に気付く
で、まあ、タカハシじゃなくていいんだけど、ピヴォ位置に顔を出すこと。
ピヴォ位置で止まってからパスをもらうのではなく。パスを要求してからピヴォ位置に飛び出すくらいの勢いで(勢いは気持ちの勢い)。狭いのでね。
そするとうまくいきますよ。ていうか相手の陣形が崩れる。それできっと自然にうごくはず。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜まとめると゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

  | ̄ ̄|
A        C

B●      D
常にピヴォ狙いはしない。バレバレになるので。
その為とピヴォ当ての機を待つ為に、サイドでまわしたり(AとB)、サイドチェンジをしてみたり(BからD)。
サイドで牽制して、だれかが折よくピヴォ位置にパス要求&顔だし(A,C,D)。
ピヴォ当てェ!

まあ、ピヴォ当てその後はできてから考えまほー(´o`*)

意志統一の為、来週から挨拶は
「顔出せ!」
「カモン(パス来い)!」

にしよう。

守備については書かない。面倒だし興味がなかろうかと。わからないし
ああ、ひとつだけ。ピヴォはどっちかのサイドにしぼれるように相手のセンターを切れ。
あと、ゴレイロから速攻出た時とかに得意パターンあるといいかと思った。

湧出する考えもアイデアもメンバーが誰も見てくれないんじゃ意味がないですな。
毒吐き場にしようかな♪


P.S.
スポーツ保険に入ったからといって怪我には注意しましょう。
K兄と湯川くんお大事に(軽症らしいが
[PR]
by redchant | 2005-08-29 01:40 | Futsal
【Futsal】ケンタロウ。照明が寿命→新調

今日は朝9時から12時で入間市体育館にて練習試合。
相手は、所沢??(忘れてしまった;)
終わった後わかったけど22、3才だとか。ピチピチじゃないか。
ボール回し、ボールを持ってない人の動きなどいいチームでした。
なにより、片付けまで終わった後全員であいさつしにくるところなんてすばらしいです!

ウチのメンバーはギリギリ5人。オサカベさん、イワモトさん、監督、ケンタロウ、自分。
ピッタシ5人だし、2年ぶり(?)のケンタロウがいるし、今日は全然ダメかなという感じだったけど、
そこへ、追い撃ちで、ケンタロウが足首を怪我をしてしまう!
しかも!しかも!準備運動すらする前のゴールの準備をしている時に!
どのように怪我したかは、名誉の為に伏せておきます(既に名誉なんてないけどw
もうだめだあ、と確信したんだけど、ゲームは意外とできた。
ウチのチームも毎週の活動が身になってきてるんでしょうかねえ。
個人的にもスーパーループシュートが自慢顏です(^^v

ケンタロウの怪我なんだけど、ゲームはなんとかできたけど、
終わった後しばらくして歩くのも辛くなってた。
たまたま監督の家に整形外科の先生さんがいらしてたので、運よくテーピングしてもらえました。
ケンタロウくんは夏休み初日からネタができてうらやましいです。お大事に。


帰宅して、ネットしたりウイイレ(8だけど)したりしてたら暗くなってきたので、
電気をつけようとしたらウンともスンともいわない。ヘ?
まったく検討もつかない状態だったので、近くの電器屋さん(ナショナル)に来てもらった。
そしたら、トランスなんとかっていうのが壊れてるとのこと。寿命らしい。
ウチも15年超だからな、最近いろいろ壊れてってるね。

灯り無しに過ごすなんて、原始時代に回帰するわけにもいかないので、
早速あたらしいのを頼むことにした。
電器屋さんのおすすめするのが「省エネで倍の明るさで倍の寿命。あ、あとリモコン付き」なんて
夢のような照明で、それにしてもらった。技術の進歩はありがたいね。

c0050550_23174886.jpg右の空のハンガーは普段04年啓太ユニが掛かってます。
つまり明日は啓太ユニで参戦です。


んもう、感動です。コレ、すさまじい明るさ。
明るくなったら汚いところが目立つのかと思ったけど、そんなことはなくなんだかキレイに見える。
気分もとてもさっぱりする。
「みなさん、明るい部屋はいいですよー」と窓を開けて叫んだりはしなかったけど、それくらい良い!

よしゃ、明日はフットサルの公式戦を2試合やって、埼スタだ。
どっちも勝つぞー!


しかし街の電器屋さんは、その存在意義を疑問視してたんだけど、
今回のことでとても印象が変わった。
まあ、安くない買物をさせられたって見方もあるかもしれないが、
自分的にはナイスサービスだった。
[PR]
by redchant | 2005-08-13 23:19 | Futsal
【Futsal】土日のフットサル

■土曜日
ラドニエシ代表さんへ一言。
来ないときは、誰が受け付けするのかとか誰がチームをまとめるのかなどの責任者を決めておいてほしいな。
ウチが主催チームだったんだよね?相手チームとの話で「わかりません」「知りません」という受け答えしかできないのは失礼かと思いました。
また、やることが手一杯なら他の人に作業を振ってもいいと思うんだけどどうでしょう。

この日はラドニエシ。狭山智光山公園の体育館で4時間の練習試合。
相手チームは、ドイツユニチームとユニ無しチーム。
ラドニエシは11人居たので2チーム作った。
4チームで回したので個人的にはドイツユニチームとはやらなかった。
ユニ無しチームは、攻撃はフットサル。
守備はサッカーなチームだった。(正直行って、レフリーがいないゲームであんなに当たってくるなんて"常識"を疑います)
ウチの守備はかなり崩されてたくさんシュートを打たれたんだけど、助っ人ゴレイロのモリタさんの怒涛のセービングで失点は少なくて済んだ。
攻撃は良かったんだけど、やっぱりロングボールが多すぎ。
ロングボールは奪られると前のプレイヤーは戻り切れないので数的不利でやられることになる。
ロングボールは基本的に狙わないようにした方が良い。前の選手の疲労が溜るばかりだ。
それよりは、ゴレイロから始まる攻撃をシュートまで行けるようにしよう。

c0050550_21441338.jpg相手守備がサッカーだったのでヒザに大きなアザが
ん!?待てよ!サッカーは常にこんなアザを作るのか?



■日曜日
知り合いのお姉さまである、のりちゃんからのお誘いでこの日もフットサル。
参加したチームは、レッズサポーターの仲間で作ったフットサルチーム。
自分が厚木での仕事で死にかける前は、チョクチョク参加させてもらってたんだけど、
何年ぶりかで参加させてもらいました。
のりちゃんもいつの間にかお母さんになってて、なんか不思議な感じ。
愛娘のはるかさんと初顔合せできました。おいしそう、そのハムっぽい腕が。

埼スタのフットサルコートで初プレイ。
時間は16〜18時、Bコート。
不思議なことに、AコートとBコートでサイズが違う
でも、まあ、そんなことはどうでもよくて、
左を向けば天然芝のグラウンドが広がり、
右を向けば埼スタがそびえる、
そんな環境で汗を流せるのが、いいなあ、と思いました。
空も広いし、なんだか空気もいい(←きっと気のせい)
当初は、とんでもないところにスタジアムを作りやがって、とも思ってたけど、
これなら、アリかなあ、と思いました。

チーム内で2チーム作ってゲームをしました。
聞いた話では、あんまり活動はしてないそうですが、
さすが過分にサッカー観戦しているレッズサポーター、ボールが1タッチ2タッチでつながったり、
フリーの人がいるのを逃さずパスを出したりと戦術的レベルは中々高い。
それになによりも楽しむことを忘れない。とても勉強になりました。
違うチームに参加するのも刺激になりますね。
[PR]
by redchant | 2005-07-25 22:10 | Futsal
【Futsal】Futone League 第3節

Futone League 第3節の2試合が日曜日に行われました。
我らがラドニエシは、

c0050550_23422943.jpg

c0050550_2342547.jpg


Marvelous!な2連勝でした!
2試合連続6ゴール、失点は3、4ということで、ちょっと素人のようなスコアだけどそんなことはなく、
実状は、まるで昨シーズンの

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚レッズみたいじゃないか〜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ま、勝ったからいいもののこれだけゴールを奪って負けてたらダメージは大きかっただろうな。
失点の多さはなんなんだろう?
別に、リスクを冒してオフェンスしていた訳ではないし、
ディフェンスも悪かったわけではないと思うんだけどな。(後半の方へつづく)

んで、ゲーム後は見学(飲み)に来ていたイトウさんとかなり珍しくタカハシと新所沢・信濃路にて反省会(?)をしました。
イトウさん曰く「タカハシくんはもっとシュート打って!」、かなり強く言われてました。
オレもなんか言われたんだけど忘れてしまった(汗
またイトウさんに飲み代を多く払ってもらっちゃいました。
いつもごちそうになっている人へ業務連絡。
いつかイトウさんのめでたい日(誕生日とか骨折記念日)にごちそう返しを計画しませんか?

帰宅して、ラドニエシ代表に借りた「フットサル クラブ 世界一決定戦」のDVDを観た。
この日のゲームも思い返しながら観てたんだけど、プロレベルのフットサルってほんとに接触が少ない。
きっとすぐファウルになるんだろう。
このゲームと比べたら、我々がやっているのはまさにミニサッカーだ。
ラドニエシは結構フィジカルに弱い。
失点が多かったのはこれが原因ではないかと。
この日に対戦したチームはどちらもサッカー経験者が多かったと思う。(特に2試合目)
かよわいラドニエシとしてはもう少し離れてプレーしたかったところだ。

逆になぜ得点をたくさん奪れたのか。
それはカマちゃんがいたからに違いないと思う。
カマちゃんのキープ力があったから、ラドニエシの豊富な活動の成果が発揮されたと思う。
つまりフットサルの実力では完全に上だったと言って良い。

じゃあ、キープ力についてほっといていいかと。
全然良くない。
我々がやるようなゲームのジャッジレベルではサッカーの接触は許されてしまうからだ。
相手につかれても絶対に奪られないキープ力は身につけておくべきだ。
もっと歳くった時にきっと役立つ財産になるはず。


カマちゃんにあたらしい家族が誕生しました。
この日は2試合で3得点3アシスト、子供が産まれたとてもめでたい日に大活躍!(めでたい日だからこそ大活躍?)
ここに居ていいのかなと思ったけど、無事産まれた後だったから平気だったのかな。
スミレさんのように、カマちゃんに似たかわいい子(カマちゃんがかわいいと言っている訳ではない)だといいね。
いつかサッカーがわかるようになったら、お父さんが誕生日に大活躍したことをしゃべってあげよう、と思った。


※人の名前はカタカナや通称で書くことにしました。
都合の悪い人は御一報を(どんな悪さをしてるんだか・・・(^^)
[PR]
by redchant | 2005-07-13 00:28 | Futsal
【Futsal】スパイ
あのチームが強い理由、それは「ドーナツ喰ってるから」なんて
スパイから情報が入ったらシメたもの、FCラドニエシも真似するのみだ。

という訳で敵状視察してきたよ。(敵って訳ではないのだがその方がおもしろいかと)
FCプログレスのkasaさんのブログですばらしいエントリを読ませてもらいました。
内緒でパクっちゃおう。

「ボールキープ」というテーマについて書かれています。

あまりボールキープをせずに、攻め急いだり、一人で突っ込んで行ったり
というマイボールを大事にしないプレイをよく見ます。

当然なことではありますが、マイボールである限り
失点することは100%ない上に、ゴールする可能性が高いです。

これがわかっていたら、密集地帯にロングパスを出したり、
ムリなドリブルでしかけていくことなど、なんと愚かなことかわかるはず。


思い当たらないですか?

・攻め急いだり

・一人で突っ込んで行ったり

・マイボールを大事にしない

・密集地帯にロングパス

・ムリなドリブルでしかけていく

胸に突き刺さるkasaさんの容赦ないお言葉です。

ただ、「攻め急いじゃいけないんだ」「ムリなドリブルでしかけちゃいけないんだ」とは思わないように。
これらは意識上においておけば十分で、あくまで発想は自由に。
それと「ボールキープ」について付け足させて頂くと、「リズムを大事に」ということかな。
リズムがあるとパスの出し手と受け手のタイミングも合うもんです。
動きも止まんないしね。
[PR]
by redchant | 2005-07-06 00:34 | Futsal
7/2(土)ラドニエシ 練習&練習試合
今日は18時〜22時で狭山智光山公園体育館にて活動。
ここのところ3回連続で1番のりです。ていうか18時になっても一人です。
プログレスさんはチーム規約なるものを作ってるようだけど。
ちなみに練習の時は30分前集合のようです。
思うに、ラドニエシは「18時から」だから18時に来るんじゃ?
HPのスケジュールに、体育館を借りてる時間以外に集合時間の枠も作ったらどうでしょう >代表

当初6人の予定で「あと4人集まれば紅白戦できるね」って話だったけど、
予定外に、Y川くん(いつのまにか帰っちゃった。上野は遠いか)、(遅刻の)T橋とT橋友達の3人が来て9人。
ていうか予定を記入しましょう(代表の声)

んで、前半2時間は1対1や3対2など練習する。
個人的に感じたことは、1対1は有意義だった。ただ3対2はいまいち共通目的がないと思った。
(もちろんゴールが目的だけど)
後半2時間は幸運にも、隣のコートの2チームと18時〜20時でやっていたチームの4チームで
試合をすることができた。
2コートあったので休憩なしでずっと。
なんとラドニエシは無類の強さを発揮。
2時間休憩なしということで相当数の試合をしたとおもうけど、
記憶している限り、負けが1回、引き分け1回で、その他全部勝ってたと思う。
しかも随分点とったね。
勝因は前線からの守備が効いてたところだと思うけどどうでしょう?
でもそれ以外でもボールよく回ってたしなあ。前半の練習のたまもの?
よくわからんなあ。これがはっきりするといいんだけど。
あ、それにK沢くん(#6)が来てたのはやっぱり大きいんだろうな。
K沢くんは「インテリジェンス」とか口にしてたけど、それも勝因なのかも(?)
(K沢くんがラドニエシに完全移籍するようにみんなでプレッシャーかけてください)

とにかく今日のようなゲームができればその辺(futoneリーグとか)で負ける気がしない。
今日のイメージを次のゲームにつなげましょう。
これをレッズのギド・ブッフバルト監督曰く「勝者のメンタリティー」と言います。
W杯予選では完敗したブラジルがコンフェデ決勝という舞台で
アルゼンチンを木端微塵にぶちのめしてしまったのも
「勝者のメンタリティー」によるものだと思います。
合言葉は「勝者のメンタリティー」、そして「インテリジェンス」ということで(笑
[PR]
by redchant | 2005-07-03 00:51 | Futsal