<   2007年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
新書3冊読

新書3冊読みました。
これがまたそれぞれ内容に乏しくて。
いや、ちょっとジャンクに読みすぎて集中できてないのかも。

c0050550_0392513.jpgヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない)
ちょっと前に読んだせいもあって内容が思い出せない;
シリコンバレー的な話だったような・・・


c0050550_0395360.jpgプログラマー現役続行
文章がヘタだと感じました。
それと、筆者が如何に優秀かということを聞かされてるようで、落ち込みました。
結果、生涯プログラマとしてやっていく気が揺らぎます。


c0050550_0414859.jpgソフトウェア開発 で伸びる人、伸びない人
入社3年目くらいまでの方が読まれると非常に良いと思う。
自分はたいした事はないのですが、「当たり前なことばかり」でした。
[PR]
by redchant | 2007-09-27 00:52 | FootBall2007
You're The Best!

今頃歌ってるんでしょうか、We Are Diamonds?
今日は何度歌っても良いでしょう。
まったくすごいサポーターです。
誇りに思います。


やはり先取点は大きい。
先取点さえとれれば選手もサポもノレる。
楽観している訳では無く負ける気がしない。
やはりディフェンスが良いから点を獲られる気はしないし、逆に点を獲れる匂いがプンプンしてくる。
イニシアチブを長い時間保てる。
改めて思った、ゲームを作れるチームになったなぁと(シミジミ
今後のJもACLもどれだけ早い時間帯に先取点を獲れるかだ。
スケジュールがキツイなかでコンディションを整えるために先取点が必要だ。


オォオー、ロビーッ!
キングロビーはここのところ羽振りがよいですな。
「ロビーを世界で戦わせたい」
最近一日の50%くらいそれを考えてます。


c0050550_21374619.jpg


相手チームについてはいろいろ思うところがあったが今日は省く。
いい気分で居たいからなっ。


ところでその先取点だけれども、達也はオフサイドにならないのでしょうか?
全北の選手は誰も抗議してなかったし、いいのかなぁ。

【ちいさく求む】だれかおしえてください。



■07.09.25

ACL、準々決勝第2戦vs全北現代

AFCチャンピオンズリーグ・ノックアウトステージ、準々決勝・第2戦
2007年9月26日(水)19:00キックオフ・全州ワールドカップスタジアム
<試合結果>
全北現代モータース0-2(前半0-1)浦和レッズ
得点:4分田中達也、66分オウンゴール
観衆数:31,000人
※2試合合計4-1で勝利。準決勝進出決定!
[PR]
by redchant | 2007-09-26 21:35 | FootBall2007
意味大アリの完封

明らかに水曜ACLの疲れが見えた。
目の前で行われている試合に集中しなければならないのに、「次のACLは大丈夫だろうか?」ということが何度もよぎった。

つらい前半。
他の選手に比べてコンディションが良いはずのワシントンに期待するしかなかった。
しかしほとんどゲームを作れずシトンまで届かず。
0点で終えたのがレッズの強み。素晴らしい。

後半は、マリノスの焦りが見られた。
それもこれもレッズが点を許さなかったから。
「何をやっても点が獲れない」、マリノスはそう思っただろう。
それが焦りを増し、小さなミスにつながり、やがて大きなミスになる。
我慢も戦術だと思った。

いつも決定的な仕事をするロビーに乾杯。
冷静に決めた永井に乾杯。
レッズに乾杯。

この完封勝利は大きい。
なにより次の全北戦に意味大アリな試合になった。

ALL COME TOGETHER! URAWA REDS!


■07.09.22

Jリーグ第26節vs横浜F・マリノス

2007年9月22日(土)19:00キックオフ・日産スタジアム
試合結果
横浜F・マリノス0-1浦和レッズ
得点者:65分永井
観客数:48,166人
[PR]
by redchant | 2007-09-24 20:48 | FootBall2007
全北現代に先勝!

ACL準々決勝1st Leg。
前半早々に、達也のクロス→永井トラップ→長谷部のナイスゴール。
今シーズン初の足ゴール?(遅い遅い
その後カウンターが面白いようにハマるもののあと一歩で決めきれず。
チャンスを逃してきた達也が闘莉王(!)とのワンツーで見事に抜け出しゴールで2-0。
達也は攻めに守りに良く動いていて個人的にMOM。

だけど、ロスタイムに痛すぎる失点;

今まで避けてきたけど、この期に及んでオジェック采配に触れる。
時々なんだけど気になることがアリ。それが今日であれば選手交代でアリ。
内舘の出場はもう5分~10分早くてよかった。
それに選手交代を余らせるのはもったいない。
試合後のコメントで、
「セットプレーは何が起こるかわからない」
もっともだけど、その前に攻め込まれてセットプレーを多く奪われていたことが原因と思う。
結果論ではない。
これからのリーグ終盤、ACLでこのツメの甘さでは困る。


追記:
オジェックではなく、ギドの言葉だけど
「我々は、ツキを呼び込めるようなロジックな準備をしなければならない」
そのとおり。
積極的にアクションしていこう。


■07.09.19

ACL・準々決勝vs全北現代モータース

2007年9月19日(水)19:30キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-1全北現代モータース
得点者:3分長谷部、13分田中、89分チェ ジンチョル(全北)
観客数:33,103人
[PR]
by redchant | 2007-09-19 23:18 | FootBall2007
【Book】シリコンバレー精神

c0050550_22305555.jpg


以前読んだ、「ウェブ進化論」の著者である梅田望夫さんの本。
単行本「シリコンバレーは私をどう変えたか」の文庫版で、
「文庫のための長いあとがき」が加えられて、タイトルが「シリコンバレー精神」となったらしい。

1996年~2001年にかけて月1通として書かれている。
誰もが知ってるように、インターネットが超成長したこの期間に、
また誰もが知ってるように、その現場であるシリコンバレーで、
著者が吸った空気がそのまま表現されている。
それは、とても熱く、且つ、(本の中で度々書かれているように)爽やかな読み応えとなった。

これを読むと、この時の
体験を基に「ウェブ進化論」が生まれたんだなあとわかる。

第4章「シリコンバレーは私をどう変えていったか」が自己啓発的にとてもよい。
この章について、また読み返して追記したい。 ★TO DO
[PR]
by redchant | 2007-09-19 22:47 | Book
3つの代表戦

昨日から今日にかけての3つの代表戦。

A代表 4-3 スイス
U-22代表 1-0 U-22カタール
なでしこ 2-2 イングランド女子代表

残念ながら、なでしこジャパンの試合は見れなかった。
ので、2つの男子代表について。

「FWの競争がやっと始まりそうだ」

まず、A代表の矢野について。
新潟の試合ほとんど見ないし、代表で出場してもパッとしない、
どころか特徴もないのでドコにいるのかも微妙な存在だった。
だけど、スイス戦での決勝ゴールは見事(3失点目の原因は置いておくとして)。
難しいシュートだったと思う。
それだけにFWらしいゴールだった。(レッズだったら闘莉王がやりそうなw)

次に、U-22代表の森島について。
ゴールはなかったものの、FWとして理想的なプレー。
前線からの守備を怠らず、
ポストプレーができて、
ヘディングが強く、
シュート意識も高い。
これが東アジア相手ならわかるが、中東の強豪相手にあのプレーができるとは。
すごくいい選手だなぁ、と感心しました。
彼がいるなら、平山はゲーム終盤のパワープレー(攻守ともに)用途にしたほうが、日本の為でしょう

ここまでいいこと書いて最後にこうなるのはイヤなんだけど、反町監督はどお?
やはり、J2以上J1残留レベルの監督なのではないだろうか。
オリンピックには出場して欲しいのだけれど、反町はイヤです。
ドイツW杯のような惨敗必至。
ジーコと同じシナリオをたどってる気がするんだよなあ。

まあ。
2つの男子代表戦、内容的にとてもおもしろかったです。
[PR]
by redchant | 2007-09-13 01:19 | FootBall2007
【Book】神はテーブルクロス

c0050550_16201299.jpg
須藤元気 『神はテーブルクロス』
スピリチュアル本だと(勝手に)思い込んで購入したこの本であるが、
スピリチュアル本にはカテゴライズされないエッセイ本だった。
とはいえ、彼が常にスピリチュアルに生活しているので、スピリチュアルエッセイではある。
読んでる途中に持った感想は、「須藤元気が格闘技で強かった理由がわかった(気がする)」ということ。
読んだ後の感想は、「スピリチュアル、悪くないな(´∀`)」

もとはスピリチュアルって興味がなかった。
だって江原啓之さんとか美和さんっていかがわしいじゃない(きっとそんなことはない主観)。
熊とライオンだよ(主観)。
だけど、須藤元気を介してスピリチュアルに触れて良かったなあと思った。
なんとなく、人生これからやってけそうだなあと思った。

そもそも「スピリチュアル」って何だ!?
英語ってのは、言語というより記号になる。
いろんな意味を含んでしまう。
(いや、言語ってのはそもそも物事・事象を記号化したものなのか?)
大学で英語を専攻したのはそんなおもしろさからだったのだが、
当然大学では言語としての英語を学ぶので軽く失敗だった。
そうそう、「スピリチュアル」を、いま話題のWikipediaから引用してみる(まるで国家プロジェクトのようだなw いろいろズルイぜ公務員)
スピリチュアル (spiritual) とは、 material (「物質的な」あるいは「肉体的な、官能的な」)に対し、「霊的な、精神的な」と言う意味の形容詞で、とくにキリスト教における神の啓示、預言などを表す極めて神聖な意味である。近年テレビ番組などの影響で、霊を呼び出したり、守護霊の話をするような意味に使われることが多くなったが、実際にスピリチュアルとされる分野はとても多岐にわたる。

うーん、なんとなく意味が弱い気がする。
コレから引っ張ってくるとしたら「啓示、預言」かな。
個人的には「楽しく生きていくための気の持ちかた」、か(かな?)

「神はテーブルクロス」、オチが絶妙、まさに神はテーブルクロス。
(これから読む人のオタノシミ)

楽しい本だった。
とりあえず、もう一回読もうと思う。
今度はスピリチュアルな部分に注目して読んでみよう。
[PR]
by redchant | 2007-09-06 22:50 | Book
【Computer】実践 JDBC―Javaデータベースプログラミング術

c0050550_4125515.jpg
実践 JDBC―Javaデータベースプログラミング術

内容に難しいところは特にない。
普通に1日~2日で終えるでしょう。
決まった使い方をすることになるので、人によってはスタディする必要もない。
だけど、もちろん、知っていて損はなく得はある。

単純に、DBにアクセスしてデータを取得して表示するってだけで楽しかった。
[PR]
by redchant | 2007-09-01 04:16 | Computer
【Computer】GIMP本

「GIMPの教科書。」 長谷川アンナ 著

を買った。
GIMPを知らない人は、「いかがわしい本か?」
と思ったりするのだろうか。
(しないだろう)

GIMPとは画像編集ソフトの名前です。
この手のフォトレタッチアプリでいうと、PhotoShop(写真屋)が圧倒的に有名だけど、
GIMPを使う絶対的な理由がある。
フリーソフト!
しかも実力は勝るとも劣らないレベルに逼迫。

で、この本は、堅苦しくなく、突っ込みすぎてなく、って感じでとっかかりやすい良書だと思う。
サンプル作成例がいくつかあって、
そんなかでやってることと同じことしたいなーって感じで使ってる。
要するにまだあまり使ってない。
使う場面になかなか出くわさない。
慣れるまではイライラしそうだけど、たいしたことしたいわけではないのでこれでよし。
そのうち慣れろー。

c0050550_4165642.jpg

[PR]
by redchant | 2007-09-01 04:03 | Computer
【Etc.】DS買った
ずいぶん前のことなのだが8月9日にDS Lite ピンクを買った。
ゼルダともっと英語力も買った。

ゼルダをクリアして、DS先輩にいろいろ借りた。
マリオもクリアして、今はドラクエと常識力ともっと英語力を平行してる。

さて、常識力やってると自分に常識がないなぁとつくづく思う。
たとえば日本史でいうとふつうは興味をもちそうな関ケ原の戦いとか、
新選組とか幕末あたりなんかまるで興味を持っていなかった。

ちょっとずれるが、ふつうの人がするようなことには意識的に手をのばさなかった。
世に言う天邪鬼で、生来の気質である。
で、それで痛い目にあってたり、いまさら興味をもったりで本末転倒ってやつだ。
DSってやつはそこんところをくすぐるのね。
ビジネスモデルがうまくできてる。
[PR]
by redchant | 2007-09-01 03:52 | Etc.