勝点3を喜ぼう
大苦戦だった。
カザフスタン戦、シリア戦とずいぶん違うじゃないか。そうだね、これが最終予選。思い出した。昨日までの必勝気分が一掃された。今日の試合勝てたのは奇跡だった。さすがジーコ。スーパースターは強運だ。

なぜあんなに苦戦したのか。
前半早々の小笠原のFKゴール。ここまでは完璧。その後もまずまずだった。特にプレスが速く的確で相手のミスを誘った。
状況がかわったのは北朝鮮が前半20分過ぎに早くも選手交代してから。これを機に北朝鮮のサッカーが変わった。とにかく走る!ボールキーパーとその行方にプレッシャーをかけはじめた。もう90分までのスタミナ配分は考えてなかったと思う。北朝鮮にはこの選択肢は試合前から選手に伝わっていたはずだ。どんどんどんどん日本選手を追い込む。それまで日本がやってきたことをそのまま北朝鮮にやられた。日本もさっきまでの北朝鮮になってしまった。ミス、ミス、ミス。ガラッと違うチームになってしまった北朝鮮を前に日本はパニック状態。後半になっても抜け出せない。

この状況を打開したのは中村俊輔だった。あまり彼のプレーが好きではないオレだが、今日ほど俊輔が頼もしく思えたのははじめてだ。俊輔はボールをキープすると、相手のプレッシャーがあろうとも決して奪われなかった。キープすることによって、相手が寄ってきて、味方に数的有利の状況ができる、後方からの上がりも待てる、リズムができる、そこにボールを送る。こうなるともう北朝鮮はスタミナ切れ。状況はまた日本に傾いた。
高原もよかった。ボールを持てば倒されるだけの鈴木と違って、リズムが切れない。FWらしく意地でもシュートまでつなげるのには強引かともおもうが、これくらいじゃなきゃドイツではやっていけないのだろう。やっぱり海外組は必要だ。もう小笠原も国内組にこだわらないだろう。ジーコの悩みも減るだろう。

大黒はすごい。ああいうふうにボールを呼び込めるストライカーの感覚というものは凡人にはまったく理解できない。
ジーコは首がつながった。さすがスーパースター。この強運は凡人にはまったく理解できない。さっさと更迭されればいいのに。チッ。

最後に。全力を出し切った北朝鮮はすばらしかった。日本にはまだ余力があったんじゃないの?
[PR]
# by redchant | 2005-02-10 00:53 | Football2005
日本-北朝鮮開戦直前
c0050550_22372770.jpg

いよいよ最終予選がはじまる。
「北朝鮮より上」、「3-0で勝利」とTVでサッカー解説者が毎日のように言っているが、それは間違いないだろう。
もちろん実力が上でも負けることがあるのがFootballだがそれを心配してもしょうがない。

明日の試合で重要なのは「何点差で勝てるか」だろう。
北朝鮮にしてみれば日本との実力差は認めるところだろう。多くの解説者が「日本の勝利は99%間違いない」という。まあ北朝鮮はそこまでは思わなくとも「80%日本には勝てない」くらいには思っているはずだ(北朝鮮の監督と将軍様にすこしでも分別があれば)。
だったら北朝鮮はどう戦うか。北朝鮮は大量失点での敗戦をしない戦いをする。日本には勝てない、じゃあグループ2位を狙おう。グループ2位になるには絶対得失点差での勝負になるだろう。
とすると、ホームで1-0の勝利は日本にとって負けに等しい。それは2位争いに参加表明をしているようなものだ。自分に余裕があるなあと思ったらドーハのことを思い出そう。だから「3-0で勝利」はグループ1位になるために必要な最低条件だ。がんばれ。

ところで韓国国民は北朝鮮を応援しているらしい(NHKニュースより)。韓国も明日最終予選に突入する。クウェート相手ということで下手すると・・・。日本にとっても北朝鮮にとっても大きなお世話だ。サポーターの雰囲気は間違いなく選手に伝わること、浦和サポーターならよおっく知っていることだ。明日は韓国はかなり苦戦するんじゃないだろうか。っと、これは韓国にとって大きなお世話か。
日本サポーター、平気だろうか?ジンギスカンが狂喜乱舞となればいいけど。
[PR]
# by redchant | 2005-02-08 23:09 | Football2005
TVで鬼平犯科帳を見た



TVで「鬼平犯科帳」を見た。
むかし、TVシリーズもやっていたはずで、今日はスペシャル版。TVシリーズもスペシャルも見たことがなかった。どうやら4年ぶりの放送らしい。
あれ?この間もやっていたような?と、おもったら、あれは「剣客商売」だったようだ。

「鬼平犯科帳」も「剣客商売」も原作を読んだ。「剣客商売」はついこの間全巻読み終わったばかりだ。池波正太郎の本をはじめて読んだのは「鬼平犯科帳」だった。

おととしの冬、その時仕事で新潟の高田に出張していた。長期の出張だったのでヒマな時間はそこそこあった。雪が降っていたし、なんといっても日本酒がおいしいところだった(雪中梅と八海山!)。雪がありました。酒がありました。手にとった本は「鬼平」だった。それからは池波ワールドにはまってしまった。

「鬼平犯科帳」の魅力は、鬼平こと長谷川平蔵にある。火付盗賊改方の長官である平蔵は、盗賊には鬼と呼ばれる反面、部下や友人にはくだけた調子で家族のように接していてとても温かみがある。

そのTV版という事でCASTが気になり見てみた。
長谷川平蔵は中村吉右衛門だった。ほとんど原作を読んだときのイメージ通りでとてもよかった。ただ刀さばきが少しぎこちなかったような(?)。平蔵の魅力の片面である「鬼」があらわれるところなので、豪快で鮮やかな刀さばきがみられなかったのは少し残念。だけど殺陣のシーンはとても短かったので今回のスペシャルではまあ許容できるかな。

なかなかおもしろかった。原作のほうもいづれまた読みたいと思う。
[PR]
# by redchant | 2005-02-08 22:14 | TV
はじめに・・・
びっくりした。
ブログが5分でできると書いてあったから試しにやってみたらできた。
でもデザインをあれこれいじってたら、なかなか納得いかない。
けど、とりあえずこれでいこう。

友達に宣伝して見に来てもらおうと思う。
そうじゃなきゃ続かないだろう、ブログなんて。

投稿者名、"redchant"って何かっていうと、
"red"と"chant"。
浦和レッズサポーターなので、"red"。だからドギツイ見た目になった。
"chant"は応援歌とかいう意味。たぶん英語。英語じゃなくともフットボール語にちがいない。

目標は、365日365投稿!
とはいいつつも、気張らずやっていこう。
がんばれ、オレ。
[PR]
# by redchant | 2005-02-07 23:20 | readme