タグ:ハルヒ ( 5 ) タグの人気記事
嫁の長門有希さんです。
[10:47]

c0050550_10484261.jpg

延ばし延ばしになってしまいました;
嫁の長門有希さんです。

ご覧のように斜め上からの視点がベストなので写真が難しかったです。
いろいろフィギュアを見てきましたが、とくべつ瞳がきれいです。
「消失」が思い出されます。切ないなあ。

キョンのジャンパーはかなり暖かそうで、キョンの優しさと、京都の寒さが伺えます。
されど、長門は、対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェースですので、寒さに強いと見えます。
あらわにされた太ももがきれいに伸びてます。
写真ではわからないですよね。
これがフィギュアの良いところですね。

ああ、長門よ。

c0050550_105652100.jpg

[PR]
by redchant | 2011-05-03 10:54 | 日記
優しい忘却
c0050550_19532915.jpgc0050550_19534172.jpg


昨日、2月の最後の日、劇場版「涼宮ハルヒの消失」を見てきました。


なんとも切ないお話でした。
長門が、初めて唯一望んだことが叶わなかったのがなんとも切なかったです。
照れ長門。
笑い長門。
悲し長門。
今まで長門萌えしてこなかった僕も、人間臭さを持った長門にはちょっときました。

長門有希に降る雪。
綺麗でした。
(今シーズンの雪、見納めですね、きっと。)



でも、「ハルヒが消失」してしまった時にキョンが激しく狼狽したように、
僕もハルヒがいないことが寂しかったです。

ヒントを得てハルヒを見つけてからの物語の開放感はたまらなかったです。
ハルヒはハルヒだった。

キョンが最後に目覚めて、みのむしハルヒの顔をいじってたのはなんともうらやましかったです。



会いたかったぞ、ハルヒ。



最後に、主題曲の茅原実里歌う「優しい忘却」がとても良かった。
映画にぴったりでした。
お薦め。
[PR]
by redchant | 2010-03-01 19:51 | Movie
【アニメ系】アニメ系カテゴリ開設
あれは今年初頭のことでした。

酒を飲みに行こうと思い、久しぶりにと思ってKさんをお誘いしてみたのだった。
確か電話で会話したのだったかと思う。
そして確かこんな内容だったかと思う。
(確信はないのだけど)

R(自分):「飲みにいきませんか?」
K(Kさん):「あ、いいけど、今、Yくん用にアニメのDVDを焼いているんだ。ちょっと遅くなるかも」

R:「あ、いいですよ」
K:「ついでに、君にも焼いてあげようか?」

R:「なんのアニメですか?」
K:「『涼宮ハルヒの憂鬱』ってのなんだけどさ、知ってる?」

R:「あ~、なんか名前は聞いたことありますけど・・・」

すると、即、

K:「じゃあ、焼いて持ってくよ」

R:「は、はい・・・お願いします」

という感じで、受け取ったのが、「涼宮ハルヒの憂鬱」だったのだ。
正直、あまり興味はなかった。
しかし、自分もサッカーや音楽を人に薦めたりすることもあるので、
薦められたら一口は食べてみようという素晴らしい姿勢を持っているのです。

見てみたら、、、「なんだこりゃ?」な感じでした。
想像とは裏腹に、「萌え」要素は前面には出されてなく、意味不明難解なストーリー。
それは、エヴァを見た時に感じたようなおもしろさにあふれていたのでした。
つきつめればつきつめるほど深い。
小ネタがあちらこちらにちりばめられている。
そして何より絵がきれい。

それから半年以上の月日が経ち、アニメは僕の生活の一部となってしまっている。
以来、僕はKさんを師匠としている。
だが、Kさんはそれを拒否する、「君の方が長いじゃないか!」
ま、「アニメ」歴といえば、エヴァや攻殻機動隊などをずっと見てきてはいる。(少年時のアニメ除く)

が、「萌え系」を植え付け、調教したのはKさんであるのは間違いない。

以降、当ブログでは師匠Kが度々登場するかと思う。
Kさんには、身の覚えがないことがあったらどうぞツッコミを入れてください。


そんなわけで、アニメブログのはじまりはじまり~。
(「気持ち悪い」と言わないで。アスカにだったら言われてもいいけどw)
[PR]
by redchant | 2009-05-19 23:18 | アニメ
涼宮ハルヒの弦奏
4月29日(水・祝)に、「涼宮ハルヒの弦奏」に行ってきた。
その名のとおり、アニメ「涼宮ハルヒ」絡みだ。
で、今回の場合はBGM、主題歌、劇中歌などのオーケストラコンサートである。
なので、ちょっと、いわゆるガチヲタイベントとはいえない(、などと僕は思っている)。

c0050550_15164454.jpgパンフレットは¥2100。
表紙以外には新イラストもない。高い。。。

だけど、ハルヒの表情が素晴らしい。

会場は、新宿厚生年金会館、18時スタート。
観客は、「ガチヲタイベントとはいえない」とは言ったけども、やはりそれらしい人も多かった。
オーケストラは、あの東京フィルハーモニーだ。
指揮者は、フィリップ・チューという人。知らない人。

普通のオーケストラコンサートと違うところはというと、司会進行がいたところ。
2曲づつぐらい演奏して、曲の解説等が入る。
「あぁ、あのシーンで使われてた曲ね」とか思い出したり。
それから途中途中でネタで笑いが入る。
スターリングインフェルノで指揮したよ、フィリップw

声優さんが主題歌を歌った曲もあった。
ハルヒ役の平野綾、すげぇかわいかった、脚細かった、俺ヤバイかも。
前から2列目だったのでよく見えた。
目が合った気がした、俺ヤバイかも。
長門役の茅原実里さんは歌激ウマイ。

全体的な感想はというと、オーケストラはイイ!ということ。
小学生頃までは、年1回くらいはコンサートに行っていたもの。
もちろんやや子供向けのものではあったのだけれど。
でも、オーケストラはイイよ!
心洗われて、リラックスできて、感動した。

そして、なぜクラシック音楽は敷居が高いのか?、を考えた(少なくとも自分には敷居が高い
それは、やはり曲を知らないからだと思った。
知っていれば、分かれば、気付けば、とても楽しいものだ。
アニメ劇中でも、今回の「弦奏」でも使われた、交響曲第7番ハ長調作品60「レニングラード」があった。
あぁ、あの曲はクラシック曲だったのね、と思ったのだ(←なんて語彙の少ない感
知っていれば、分かれば、気付けば、とても楽しいものだ。

アラサー以上の人は、昔ドラクエのオーケストラverで楽しまなかった?

オーケストラはイイよ!
心洗われて、リラックスできて、感動する。
これからは進んで聴こう。足を運ぼう。
[PR]
by redchant | 2009-05-02 15:17 | アニメ
【Music】ハルヒ x 東京フィル


明日のレッズ戦はアウェー戦の例によって参加せず。


だけど、新宿でハルヒのオーケストラコンサートに行ってくる。

最初は、仲良しの方のお誘いだったのでお付き合いのつもりだったけど、
ハルヒのDVDを見返してたら俄然気分が盛り上がってきて。

シーンがオーバーラップするといいな。
それともわからない感じになってしまうだろうか。
何はともあれ楽しみなのである。
[PR]
by redchant | 2009-04-28 21:32 | Music