「フェイスブック 若き天才の野望」
c0050550_2054585.jpg

「フェイスブック 若き天才の野望」を読みました。

この本のまず第一の特徴は「長い」こと。
本当に長かった。

第2の特徴は常にエキサイティングな内容だったこと。
FacebookのCEOのマーク・ザッカーバーグは思慮深く、且つ、エキサイティングな人です。
それを表すかのようにFacebookのサイトは整然としています。
常にユーザのコミュニケーションの助けになることを考えています。
そしてユーザのコミュニケーションはエキサイティングです。
なにを言いたいのかわからなくなりましたw

とにかく今僕が「一番良く出来てるサイトだなあ」と思うのは、
FacebookとGoogleReaderであります。

長くなければ読み返したいところです。
ちなみに544ページです。
[PR]
by redchant | 2011-04-26 20:14 | Book
<< M3 2011 春 「Fate/Zero(4)散り... >>